DSC_1354.jpg

奇跡の果樹園

IMG_0093 のコピー.jpg
IMG_0107.jpg
IMG_0106.jpg
IMG_0105.jpg

​森の樹々を美しく育てる森林の土壌

果樹は1シーズンに数十回も薬剤を散布して、害虫や病気を予防することでようやく収穫できるようになります。もし農薬を散布しなかったら、何種類ものおびただしい数の虫が葉や幹を食い荒らし、さまざまな病気が蔓延して樹はボロボロになり、果実を収穫するどころか、樹は弱り、やがて枯れてしまいます。だから”農薬を使わないで果樹を栽培するなんて不可能”と言われてきたのです。でも「奇跡のりんご」で知られる青森のりんご農家 木村秋則さんのように、農薬を使わず、こどもたちに安心して食べてもらえる果物を栽培したい、という思いから、収穫できるようになるという確信もないまま、たくさんの時間と手間をかけ、ひたすら土づくりに励んできました。もちろん簡単に果実が収穫できるようにはなりません。毎年たくさんの苗木を枯らし、ようやく育って花が咲いても、果実は虫くいや病気で醜い姿になってしまいました。樹が健康に育ってくれるような土づくりにはとても時間と手間がかかるのです。

森の土の果樹園の樹はまだ若いので、たくさんではありませんが、ようやく綺麗でとても美味しい果実が収穫できるようになってきました。これは奇跡的なことのように思えます。

「奇跡のリンゴ」で知られる青森のリンゴ農家、木村秋則さんは、無農薬のりんご栽培に失敗を繰り返し、絶望して人生を終わりにしようと岩木山の森の中に分け入り、そこで森の樹々がとても美しく育っていることに気づきました。森の樹々はとても立派で、木村さんのりんご畑の樹とはあまりにも違ったのです。だれも農薬も肥料もやらないのに、森の樹々はどうしてこんなに綺麗で立派に育っているのだろう・・と木村さんは思いました。そして足元の土の柔らかさに気づき、土の匂いを嗅ぐと、つーんとした良い香りがしたのです。その土は木村さんのりんご畑の土とはまるで違いました。それから木村さんは、りんご畑に森の土を再現する取り組みを続け、ようやく不可能とされていた無農薬のりんご栽培に成功したのです。

​農地に、キノコが生える清浄で豊かな森林の土壌を再現する取り組みこそ自然栽培の本質だと「自然農園 森の土」は考えています。

DSC_0220.jpg