自然栽培の野菜たち

 冬から春へ

春は青ネギが美味しい

関東ではネギと言えば、白ネギとか根深ネギと呼ばれる、白い茎の部分を食べるネギが主流です。緑の葉の部分は硬く、美味しくないので切り取られて売られています。関西では青ネギと呼ばれる茎も葉も柔らかいネギが主流です。新潟では冬になると曇りがちで強風が吹くので主流、青ネギは葉が痛んで成長が止まりますが、春になると一気に新しい葉を伸ばし、いっぱいに太陽を浴びて栄養を蓄えます。青ネギは軟質系ネギとも言われ、春にネギ坊主が出ても硬くならず、加熱すると緑の葉も白い茎もとろけるように柔らかで非常に美味しくなるのです。一方白ネギは春になってネギ坊主が出ると硬くて食べることができなくなります。そして注目は青ネギの葉の中のネロネロです。このネロネロはNHKの「ためしてガッテン」で免疫活性を数倍高めると紹介されました。健康成分のネロネロがいっぱいで煮ても炒めてもトロトロで美味しいヌメリがたまらまく美味しくなります。そんな訳で森の土では大和太ネギと九条ネギを栽培しています。

主に奈良周辺で栽培されている太ネギです。ネギ坊主が出ても柔らかく、加熱すると緑の葉も白い茎もとろけるように柔らかで、格別の美味しさです。

​トロトロ柔らか

大和太ネギ

太ネギの炒め焼き

ぶつ切りの太ネギをフライパンで焼いてお醤油をちょっと垂らせば甘みとヌメリがたまらない、とろける美味しさです。鶏肉と一緒に炒めてもよく合います。

太ネギの米粉クリームシチュー

ぶつ切りの太ネギと鮭(写真は春鱒です)を少なめの出汁で軽く煮て、米粉と牛乳を混ぜたものを加えてさらに煮込みます。塩とコショーで味を整え、仕上げにバターを乗せれば出来上がり。超簡単で柔らかとろとろのクリームシチューになります。

葉ネギの王様

九条ネギ

緑の葉も白い茎もとても柔らかく美味しさは格別です。胡麻油で炒めてお醤油をちょっと垂らすと、柔らかくサクサクした歯ざわりと適度なヌメリ、甘み、旨味とも最高です。鶏肉との相性も抜群。ネギマのネギは九条ネギでなければという焼き鳥専門店もあるほどです。ご家庭では鶏肉を皮ごと細く刻み、フライパンでカリッと炒め、ぶつ切りの九条ネギを加えて炒め、仕上げにお醤油をかけます。酢味噌和えや鶏肉と一緒に卵とじ、豚の薄切り肉と一緒に炒めてなどなど、九条ネギなら簡単で美味しい栄養豊かで格別な一品になります。

万能野菜

わさび菜

わさび菜は真冬に収穫できる貴重な葉物野菜です。からし菜の仲間でわさびに似た風味があり、お刺身や肉料理の付け合わせにとてもよく合います。

わさびにも含まれる近年注目の健康機能成分、アリルイソチオシアネートのほか、カロテン、ビタミンK、葉酸、ビタミンCなどが多い優れた野菜です。

サラダのメインに使うと、とても綺麗です。サラダボールに盛り付け、薄切り肉をさっと湯がいて乗せて、また、カツオやブリ、サケなどのお刺身を乗せて一緒に食べると、ほのかな辛味が爽やかで美味しいです。生ハムやチーズ、サラミなどとも相性がよく、お酒のおつまみにも最高です。

​春に立ち上がる花芽は甘みがあり、とりわけ美味です。歯ざわり良く、炒め物やスープの実としても使える万能野菜です。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now